…インフォメーション…

2022-07-28 20:55:00

コロナがまた流行りだしました。

だいぶ身近に感じるようになりました。

ですが、お恥かしいことに先週まで私にとっては対岸の火事でした。

従業員から「子供が高熱をだした。もしコロナが陽性だったらどうしたらいいか」と聞かれ、あたふたしてしまいました。

急遽対応策をネットで調べ、何人かの知り合いに尋ねる始末。

ですが、対応策も色々で、さてどうしようかと悩むことになりました。

出た答えは「自分の都合よりもお客様に感染させないことを最優先する」ということでした。

この一件で何をするにも芯となる基準を持つことがとても重要なことを知りました。

当事務所にとってその芯は

「お客様に喜ばれること、迷惑をかけないこと」

だと気が付きました。

ですが、前もって準備をしていくことの方がより重要でした。


2022-06-30 21:03:00

東京商工リサーチの調査によると、新卒者が就職先に求める社内制度として最も人気が高いのが「年次有給休暇取得の推進」だそうです。

就職氷河期に就職した私は「就職できただけでもありがたいと思え、有給休暇など名目だけだ」というのが当たり前でしたから、この四半世紀でずいぶん変わったものです。

なお、2番目の人気は「時差出勤・フレックス制勤務」だそうす。

どちらも労働の時間に関するものです。

会社は世の中に貢献するために存在しますから、お客様から信頼され、仕事を多く頂き、忙しくなることが一番有難いことだと思います。

ですが、その頂いた仕事の段取りや効率化も同じように大切になってきたようです。

考え方を変えていかないとですね。


2022-06-01 12:10:00

清水エスパルスの平岡監督の契約が解除された話がありました。

昨シーズン終盤に指揮を執って3勝1分という結果を残しましたが、今季は業績不振となりました。

2勝7分7敗という今季と何がこうも違ったのかなと私なりに考えてみました。

それは戦術・技術ではなく心の部分ではないかと思いました。

チームの燃え方が昨季と今季とでは異なり、チームに勢いがでなかったのが一番の要因だったのではないかと私は考えました。

リーダーにとっての大切な仕事は部下をやる気にさせることだと思います。

では、どうすれば部下がやる気になるか。

それはリーダーに惚れさせることだと私は教わりました。

そのためにどうするか。

凡人のリーダーにできることは、人一倍働くことだと聞きました。


2022-05-01 21:43:00

先日、お客様にNHKの「映像の世紀」を薦められ、興味があったこともあり「スペインかぜ」の話を観ました。

お恥ずかしい話、「スペインかぜ」のことは世界史の授業でその名前を覚えただけでした。

スペインかぜの拡散から終焉までの一連の出来事を今回初めて知ることができました。

「歴史は年号と出来事を覚えるだけではなく、人の歴史は同じ過ちの繰り返しの連続なのだから、その繰り返す人間の行動や感情を少しでも知って今後の人生に生かすことが大切だよ」と昔教わりました。

私も同じ過ちを今後も繰り返していくと思いますが、今回のドキュメンタリーでほんの少しでも学べたらいいなと思いました。


2022-03-31 20:34:00

サーバントリーダーシップ

 1977年に提唱されていたリーダーシップ論とのことですが、初めて耳にしました。

「サーバント」を和訳すると「召使い」になります。

召使いのリーダーとは何のことかなと思いましたが、

 部下に対してできる限りの奉仕を行い、それを通じて部下の仕事に対するモチベーションを高め、自主的に仕事をさせるように導いていくリーダーシップ論

とのことでした。

トップとして上意下達で部下に命令して仕事を進めるのではなく、縁の下の力持ちとして組織や部下の目標、部下の自己実現願望を支援するために奉仕する。

とても勉強になりました。今から必要になってくる考え方ですが、リーダーの人間性がまず必要だなとも感じました。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...